インターネットを囲炉裏に見立て、松崎の語り部

松本晴雄さん

松本晴雄さんは1936年松崎生まれ。4月に82歳を迎えた。
「半日百姓」の現在、もう半日はデジカメ片手に自転車で松崎中を巡り、町の変化を追い続け、記録し続けている。
そのニュースが発信されるのは、Facebookだ。
Facebookの友人は約3000人、1日の投稿数は、他の投稿のシェアも含めて10件以上にのぼることも。

松本さんの「記録と発信」は、「囲炉裏端(いろりべ)」の名で2001年に開設し、現在も更新中のホームページ、その前は10年間のミニコミ誌「ほっとらいん」「ほっといず」の編集発行と、ライフワークとして人生に刻み込まれているものだ。
その人生のほとんどを松崎で過ごし、日々の松崎の出来事や人たちを追ってきた、松本さん自体が松崎の生き字引である。

十勝の拓聖・依田勉三、琵琶湖運河計画・偽勅使事件・小沢一仙など、松崎に関わる人物研究をライフワークとして行い、その成果を出版、自身のホームページにも掲載している。
ホームページは、伊豆の長八の年譜や松崎の神社仏閣の概要など、松崎に関する文化的な資料は全てあるのではないかと思うほどの、充実したポータルサイトだ。
これらの情報の発信を行なっていることで、全国から問い合わせがあり、研究者や編集者などとの交流も盛んだと言う。
伊豆のことを調べていて、知らぬ間に「囲炉裏端」にたどり着いて情報を得ていた人も多い。

書くことの喜びとの出会いは、中学時代。
無口で気が弱かった晴雄少年は、歌人としても有名な校長の須田昌平先生が「もう少し心臓(度胸)が強かったら、弁論大会に出してやりたいが……」と言っていたことを聞き、劣等感を「文章ならば書くことができる」と書く力に変えた。
中学卒業後、東京、沼津の印刷会社に勤めたのち、松崎の文寿堂印刷所に入社し、結婚。
以後現在まで、松崎をベースに、仕事とは別に取材や執筆、編集活動を続けてきた。
ホームページの作り方も自身で勉強し、日々更新している。

昔はどの家にも囲炉裏があり、それを囲み、心を向き合わせて話をしていた。
松本さんはこう言う。「家族、近所の人、見知らぬ人も寄り集まって、毎日少しでも話をする、それがコミュニティで、社会から溢れていく人を無くすのだ」と。「囲炉裏端」にはそんな思いが込められている。
また、「受け取るだけではだめ。勉強し、発信しないと退化する」とも。
松本さんを通じて発信される松崎の日々には、松崎を愛し、心のつながりを大切にする松本さんに思いが込められている。
ぜひ、松本さんとFacebookで繋がり、今日の松崎、今日の伊豆を感じ取ってほしい。

松本さんのホームページ「囲炉裏端
(Facebookページもリンク先にあります)

内容は、2018年5月現在の情報です。


Share this post: